玄米に含まれるフィチン酸は毒?薬?その答えは両方です

電子顕微鏡を使った研究玄米を知る

ユキ
玄米に含まれているフィチン酸が体に悪いというのを聞いたんですけど…
ひかり
よく知ってますね。玄米にはフィチン酸が含まれています。ではフィチン酸について説明しますよ。

 

いきなりですが結論です。

玄米を食べる程度の量ならフィチン酸が悪影響を与えることはありません。

逆に、フィチン酸には抗がん作用抗酸化作用があるのでサプリとして売られています。

フィチン酸とは

フィチン酸(略称:IP6)は色々な植物の種にある生体物質の1つです。

植物に必要なリンの貯蔵庫としての役割を果たしています。

フィチン酸には強いキレート作用(他の物質と結びつくこと)があります。

一般的にはフィチン酸が他の物質と結びつき、フィチンとして存在しています。

フィチン酸はどういうものに含まれるの?

brown-rice-food-value

フィチン酸は植物の種や花粉に含まれています。

トウモロコシ、小麦、玄米、ゴマ、ナッツ、豆類、などなど。

数多くの食品にフィチン酸は含まれているので、普通の食生活でフィチン酸を避けることは非常に難しいです。

フィチン酸はミネラルを吸収しにくくする?

フィチン酸にはキレート作用があり、他の物質と結びつきます。

この作用により、必須ミネラル(カルシウム、鉄、銅、亜鉛など)の吸収を阻害します。

フィチン酸が抗栄養因子とされているのはこの作用のためです。

フィチン酸の構造と機能(日本食品工業学会誌)

 

「えー、それだったら玄米に含まれるミネラルは意味がないじゃん」

他の食品のミネラルがダメになってしまわないの?」

と考える人もいると思います。

 

フィチン酸と亜鉛の吸収率に関するヒトの健常者を対象としたレポートがこちら。

Adaptation in human zinc absorption as influenced by dietary zinc and bioavailability.

この実験では、低亜鉛、低フィチン酸の食事が亜鉛の吸収率に影響を与えたという結果が出ています。

(注意すべきは、フィチン酸だけでなく亜鉛(ミネラル)の量も関係するということ)

 

よーし、話が難しくなってきて、つまんない顔が見えてきたぞー。

フィチン酸について、シンプルに答えを出しましょう。

結論:食事で摂る量なら悪影響はない

good-sign-genmai

食事から摂取する分量であれば、フィチン酸によるミネラルの吸収阻害は気にしなくても大丈夫です。

フィチン酸の栄養的再評価(日本栄養・食料学会誌)

無機質(ミネラル)吸収阻害に要するフィチン酸摂取量は、これまでの研究から推定すると、少なくとも現実レベル(0.035%)の10倍以上を要することが推定される。

 

フィチン酸は玄米だけに含まれる成分ではありません。

小麦、トウモロコシなどの穀類や豆類にもしっかり含まれています。

つまり私たちは日常的にフィチン酸を摂取しているんです。

 

実験では特定の成分を人工的に多くすることで反応を確認します。

普通の食事で玄米を食べる程度であれば、フィチン酸が深刻なミネラルの吸収阻害を起こすことはありません。

フィチン酸の大きなメリット

最近ではフィチン酸のメリットが注目されています。

抗がん作用、抗酸化作用に関係するということで、研究が進められています。

これは動物実験でマウスに投与するような異常な分量ではありません。

私たちが食事で摂取できるような普通の分量における話です。

フィチン酸は悪者ではなく、実は大きなメリットを持っているものなんです。

 

IP6(フィチン酸)のサプリも売られています。

これを飲めばガンが治るなんて無責任なことは言えませんが、サプリ先進国の欧米で非常に高い評価を受けています。

 

ひかり
薬の飲みすぎが体に悪いようにフィチン酸も過剰摂取をすればミネラルの吸収を妨げます。しかし食事で摂る量ならメリットの方が大きいです。
タイトルとURLをコピーしました