そもそも健康ってなに?30代働きママの超個人的な意見!

30代働きママが考える健康 忙しい女の本音

私はシンプルにこう考えています。

幸せ =(時間 + お金)× 健康

健康がゼロだったら、どれだけ時間とお金があっても幸せはゼロです。

時間とお金があっても健康じゃないとダメ

ちょっと想像してみてください。

あなたはすごくお金持ちで、仕事をせずに好きなことをして暮らせます。

30歳でまだまだ人生はこれから!

 

でも…

あなたは目が見えません。

両足が無いから車椅子で移動します。

腎臓が悪くて週に3回×4時間は病院での治療が必要です。

命に関わるので甘い物は食べられません。

 

あなたは幸せですか?

本当に幸せですか

 

ほとんどの人は時間とお金で幸せを考えます。

お金があれば好きなことをできますからね。

そしてお金を稼ぐために時間を使っていく。

だからみんなこう思っているんです。

幸せ = 時間 + お金ってね。

 

でも時間とお金の価値を全部ひっくり返しちゃうものがあります。

それが健康なんです。

この感覚は自分やすごく身近な人が病気にならないと分かりません。

言葉では分かっていてもね…

お金と時間は、あなたが健康じゃないと価値がないんです。

喘息(ぜんそく)だった母は選択肢が少なかった

私の母は成人喘息でした。

大人の喘息は基本的に完治しません。

酷い発作が起きると呼吸困難になり、死んでしまうこともあります。

何度か入院したことがあり、私が初めてお見舞いに行ったのは母の病室でした。

喘息の吸入器

喘息は日常生活に結構な影響を与えます。

発作が起きるようなことを普段から避けないといけない。

母はなるべく体を動かさないようにしていました。

母がいるのにタバコを吸おうとする叔父達には殺意を抱いてたなぁ…

健康じゃなくなると、これまで当たり前にできたことができなくなるんです。

言い換えると、人生の選択肢が減るんですね。

健康は幸せな人生の必須条件

「健康オタクってダサいよね」

こういう気持ち、結構分かります。

意識高い系の人をウザいと思う気持ちに似ているかもしれない。

でもその健康を大切にする意識は悪いものじゃないと思うんですよ。

good-taste-genmai

今の世の中を何も考えずに生きてれば、何かの病気になる確率はすごく高い。

そして自分が病気になった時、もっと若い頃から健康に気をつけていれば…と後悔する。

そうなったらダサい?

いやー、そんなもんじゃ済まないんですよ。

このページの最初に言った、失明や手足の切断、人工透析は、今でも患者が増え続けている糖尿病の合併症です。

 

病気で夢を諦める、周囲に迷惑をかけながら残りの人生を悲しく過ごす…

そんなの嫌じゃないですか?

私は絶対イヤです。

 

私は幸せな人生を送るために、健康に気をつかっています。

ただし時間やお金に余裕があるわけじゃないから、できる範囲で頑張っていきますよ!

タイトルとURLをコピーしました